ひふみ神示の予言 その他
   岡本天明 筆「ひふみ神示」 (日月神示)を学んでゆきましょう。 ひふみ神示の予言、解説、より分け その他
 
                                            
   選り分け-10     大 峠
 
 
 いよいよ『ひふみ神示より分け』のクライマックス、「立替え・立直し、大峠」に入りますが、このテーマに入ってくる文章はかなりの量になります。そこで『立替え・立直し』と『大峠』を分けて、別項目としました。そして短い方を先に終えたいという私のご都合で、『大峠』を前にもってきました。本来は『立替え・立直し』の後にくるべきでしょう。
 
 
 
 
 
                               日輪神社 奥山 ⇒
 
 ● 酉の日とはこわい日(と年)で、よき日(よき年)と申してあろが。 ;日月の巻、第10  帖 (予言と重複)
 
● 旧九月八日 とどめぞ  ;水の巻、第9帖 (予言と重複)
 
● 世界中一度に唸るとき近づいてきたぞ。 ;富士の巻、第21帖
 
● もっとも苦しいのは一年と半年、半年と一年(計三年)であるぞ。死んでから又蘇られるように死んでくだされよ。マコトを心に刻みつけておりてくだされよ。 ;至恩の巻 第12帖 
 
● 九月八日の仕組み近うなったぞ。…三月三日からさらに厳しくなるから用意しておけよ。五月五日からさらにさらに厳しくなるから、さらに用意して、どんな事が起こってもビクともせんように心しておいてくれよ。 ;キー14
 
● 食べ物なくなっても死にはせぬ。ほんのしばらくぞ、木の根でも食うておれ。闇の後に夜明け来る。; 上つー2
 
● 空に変わりたこと現われたならば、地に変わりたことあると心えよ。…天の異変 気つけてくれよ。; 松ー19
 
☆  宵の明星が東に回っていたらいよいよだぞ。 ; 松の巻、第19帖
 
☆ 天の異変 気付けと申してあろが、冬の次が春とは限らんと申してあろが。夏雪ふることもあるのざぞ。 ;夜明けー3
 
☆ ミロク出づるには始め半ば 焼くぞ。人 二分は死。みな人  神の宮となる。西に戦し尽くし、神世と開き、国毎に一二三、ミヨイズなりて百千万(ももちよろず)。神 急ぐぞよ。 ;天つー21       (-10)
 
 
☆ 北から攻めて来る時がこの世の終わり、始めなり。天にお日様一つでないぞ、二つ三つ四つ出てきたら、この世の終わりと思えかし。この世の終わりは神国の初めと思えよ、臣民よ。 ;富士ー16
 
☆ 国々所々、村々、家々みな何なりとしてメグリだけの借銭済まし致してくれよ。大峠ぞ、はやがてんするなよ。小さい入れ物間に合わんかのととり  ;黄金ー19
 
★ 大峠の最中になったら、きりきり舞いして助けてくれと押し寄せるなれど、その時では間にあわん。逆立ちしてお詫びに来てもどうする事も出来ん。みな己の心からであるからぞ。今のうちに改心 結構。; あお玉ー11
 
★ 三  四月 気つけてくれよ。どえらいことできるから、どうしても磨いておいて下されよ。 日の出ー6
 
★ 日に日に烈しくなると申してあろがな。水 頂に上げなならんぞ、お土掘らねばならんぞ。 ;日月ー18
 
★ 七月になると上の人民番頭殿の顔色 悪うなってくるぞ。八九となればいよいよ変わって来るぞ。秋の紅葉の色変わるぞ。; ひかりー8
 
★ 月は赤くなるぞ。日は黒くなるぞ。空は血の色となるぞ。流れも血ぢゃ。人民四つんばいやら逆立ちやら、のたうちに
一時はなるのであるぞ。大地震火の雨降らしての大洗濯であるから、一人逃れようとしても、神でも逃れることできんぞ。天地まぜまぜとなるのぞ。ひっくり返るのぞ。; 紫金ー5
 
☆ 天地うなるぞ。でんぐり返るのざぞ。世界一度にゆするのざぞ。; 天つー29
 
● 日本はお土があかる、外国はお土がさかる(海となる←大本神諭)。 ; 上つ巻,第一帖
 
● 何も一度に出て来る。海が陸となり、陸が海になる。; 上つ巻、第三帖   (-20)
 
 
● 世界中うなるぞ。陸が海となるところあるぞ。 ;地つー16
 
● 地つちの軸動くぞ。フニャフニャ腰がコンニャク腰となりて、どうにもならんことになるぞ。; 岩戸ー5
 
☆ いよいよとなりたら地震かみなりばかりでないぞ。臣民アフンとして「これは何としたことか」と、口開いたままどうすることも出来ん事になるのざぞ。四つん這いになりて着る物も無く、獣となりて這い回る人と空とぶような人と、二つにはっきり分かりてくるぞ。獣は獣の性来 いよいよだすのぞ。; 富士ー19(たて分け と重複)
 
☆  天地が唸るぞ。上下ひっくり返るぞ。一日に十万人死ぬとき来たぞ。世界中のことだから気を大きくもちていてくれよ。死んで生きる人と生きながら死んだ人とできるぞ。江戸が火となるぞ。三分の一の臣民になるぞ。地震かみなり火の雨降らして大洗濯するぞ。よほどしっかりせんと生きては行けんぞ。闇の後が夜明けばかりとは限らんぞ。闇が続くかも知れんぞ。江戸は昔のようになるぞ。 ;上つ巻 第34帖他
 
 【 人民三分というところまで行くぞよ。 大本神諭 】
 
☆  一時は天も地もまぜまぜにするのだから、人一人も生きてはおれんのざぞ。それが済んでから身魂磨けた臣民ばかり、神が拾いあげて弥勒の世の臣民とするぞ。…いざと云うときには神が知らせて、一時は天界へ吊り上げる臣民もあるのざぞ。 ;富士ー19
 
★  残る者の身も一度は死ぬことあるぞ。死んでからまた生き返るぞ。三分の一の臣民になるぞ。これからがいよいよの時ざぞ。日本の臣民同士が食い合いするぞ。かなわんと云うて外国へ逃げてゆく者出て来るぞ。神にしっかりすがっておらんと何も分からん事になるから、早く神にすがりておれよ。神ほど結構なものないぞ。 ; 上つ巻,第38帖 
 
●  この大峠を越してからおおいなる試しがあるぞ。人の心の難しさは計りしれん程なれど 見て御座れ。見事なこと致して 見せるぞ。 ; 扶桑の巻 第6帖
                                          ( 以上 大峠)
 
 
 
 
  より分け11     立替え・立直し ー Ⅰ
 
 
 ●  履物もいまに変わってくるぞ。   ;空の巻、第13帖
 
 ● 世界中に変わりたことできたら、それは神々様の渡られる橋ぞ。 ;地つー20
 
● 大将が誰だかわからん事になるぞ。一日が千日になりたぞ 。;黄金ー57,58
 
● 取られたり取替えしたり こねまわし、終わりは神の手によみがえる。 ;まつりー6
 
● 大グレン目の前、日本のみのことではないぞ、世界中の事であるぞ。 ;扶桑ー1
 
● 悪は霊力が効かんようになったから最後のあがきしているのざぞ。…神界と現界のこと、この神示よく分けて読みてくだされよ。 松ー20
 
☆ 臣民もの云わなくなるぞ、この世の終わり近づいたときぞ、石もの云う時ぞ。 ;地つー15
 
☆ 次々に不思議出て来るぞ、不思議無くなりたら神の国、ミロクの国になるのぞ 。;あほばー9 (みろくの世 と重複)
 
☆ 大峠にも登りと下りあるぞ  ;五葉の巻、第7帖
 
☆ 結構な恐い世になりて来たぞ。上下グレンぞ。 ;地つ6  (-10)
 
 
☆ 外国は火の雨ぢゃなあ、世界一度に 改心。 ;月光の巻、第29帖
 
★ 悪神の国から始まって世界の大戦いよいよ烈しくなってくるぞ。 ;梅ー2
 
★ 我の身体われに自由にならぬとききたぞ ;松ー10
 
★ これからは一日増しに世界から出て来るから 如何に強情な臣民でも往生いたすぞ 。;秋ー1
 
★ 今までは闇の世であったから、どんな悪いことしてもやみに逃れることできたが、闇の世はもう済みたぞ。思い違う臣民沢山あるぞ。どんな集いでも大将は皆思い違うぞ。早うさっぱり心入れ替えてくだされよ。 ;水ー14
 
☆ 岩戸開けたその当座は、不合理に思えることばかり出て来るぞ。逆さまな世界がこの世にいり混じるからであるぞ。親より子のほうが早く目覚めるぞ、子が親となるぞ。 ;扶桑ー3
 
☆ 立替え、立直し、一時に来ているから、我よしの人民には判らんことになるぞ。この世の動きが判らんのは我よしだからぞ。 ;あお玉ー9
 
● 今までの逃れ場所は山であったが、今度は山に逃げてもだめ、神の御旨であるぞ。山にうつりて海に入れと申してあろう。 ;極めー1
 
● 物持たぬ人が物持てる人より強くなるぞ。泥棒が多くなれば泥棒が正しいと云う事になるぞ。:富士ー18
 
● 猫に気つけよ、犬来るぞ。…臣民の頭では見当とれん無茶な世になる時きたのざ。それを闇の世と申すのぞ。; 日月ー10,11  (-20)
 
 
● 世界に人民には判らん珍しきこと出すぞよ。みなこの神の仕組みであるから、変わりたこと、分からん事がいよいよとなったら神世近づいたのであるぞ。 ;空ー16
 
● 世界の九分九分九厘であるぞ。あるにあられん、さしも押しも出来ぬことがいよいよ近うなったぞ;秋ー2
 
☆ 大グレ目の前、あほになれよ。ひとまずは月の代となるぞ。ひっくり返りびっくりぢゃ 。;月光ー9
 
☆  焼く神々 早くせよ   ;空の巻、第4帖
 
☆ 地震、雷、火の雨降らして大洗濯するぞ。よほどしっかりせねば生きては行けんぞ。
 神かかりが沢山できて、訳の分からん事になるから、早うこのみち ひらいてくれよ。  ;上つー39
 
☆    田舎に都、都に田舎 できる。   ;空の巻、弟9帖
 
  【 都会は不便じゃなあ。いまに都会(から)人 消えるぞ。 大日月地神示 】
 
●  今のうちに草木の根や葉を干してたくわえておけよ。 ; 富士ー20
 
● 神示見ておらぬとびっくりが出てくるぞ。この世始まってないことが出て来るのぢゃ。世界片っ端浜辺からぞ。分かりたか。 ; 光ー54
 
● おかみも一時はなくなるのざ。一人一人何でもできる様になりていてくれと申してあること、近うなりたぞ。 ;キー13
 
● 海のつなみ気付けよ、前もって知らしてやるぞ(山のつなみも気付けよ) .;地つー29    (-30)
 
 
 何につけても大戦、人の殺し合いばかりでないと知らしてあろう、ビックリぢゃ。  ;秋ー22
 
☆ 下が上に、上が下にと申してあるが、一度で収まるのではないぞ。幾度も幾度も上下にひっくり返り、またひっくり返りビックリぢゃ、ビックリこね回しぢゃ。; 秋ー16
 
☆ 穴 埋めるでないぞ、穴 いるのざぞ。苦しいという声この方嫌いざ。…火 降るぞ(火 吹くぞ)。 ;風ー1
 
☆ 五大州ひっくり返っていることまだ判らんか。肝腎要のことざぞ。(沈む大陸あり、隆起する島ありで)七大州となるぞ、八大州となるぞ。 ;水11
 
☆ 神の国 一度負けた様になって終いには勝ち、また負けた様になって勝つのだぞ。 :松ー7
 
☆ 同じこと二度繰り返す仕組みざぞ。このことよく腹に入れておいてくだされよ、同じ事 二度。 ;あほばー7
 
☆ オロシアに上がりて降りた極悪の悪神、いよいよ神の国に攻め寄せ来るぞ。北に気付けよと、北がいよいよのギリギリざと申してくどう気付けてあったこと近うなりたぞ。 ;日の出ー7
 
● 江戸に攻め寄せ来ると申してあろがな。富士目指して攻め来ると知らしてありた事近うなりたぞ。 ;日月ー12
 
● 一旦戦収まりてもあとのごたごたなかなか静まらんぞ。  ;天つー16
 
● 戦は一度収まるように見えるが、そのときが一番気付けねばならんときざぞ。 ;富士ー20  (-40)
 
 
● 戦すんでもすぐにはよき世とはならんぞ。それからが大切ぞ。胸つき八丁はそれからぞ。一二、三年が正念場ぞ。三四五(みよいず)の仕組みと申してあろう。 ;下つー34
 
● 世界は一つとなったぞ。一つになって神の国に攻め寄せ来ると申してあること近づいたぞ。臣民にはまだ分かるまいなれど、いまに分かりて来るぞ。くどう気付けておいたことの いよいよが来たぞ、覚悟はよいか。 ;富士ー23
 
● 世界一度にキの国にかかりてくるから、一時は潰れたように、もうかなわんと云うところまでになるから、神はこの世におらんと臣民申すところまでむごいことになるから、外国が勝ちたる様に見える時がきたら神の世近づいたのぞ。 ;下つー14
 
☆ 今度の立替えはこの世始まってない事だから、戦ばかりで立替えできんぞ。世界の隅々まで掃除するのであるから、どの家もどの家も、身魂も身魂も、隅々まで生き神が改めるのざから、辛い人民沢山できるぞ。ミタマの神(従来の守護神様) がいくら頑張っても、人民にうつっても、今度は何もできはせんぞ。世の元からの生き神でない事では出来ないのであるぞ。それで云う事聞けとくどう申すのぞ。 ;松ー8
 
☆ 富士はいよいよ動くから。…富士は神の山ざ、いつ火噴くかわからんぞ。 ;上つー21
 
 いよいよの大立替えは国常立の大神様、豊雲野の大神様、金の神様、竜宮の乙姫様、まず御活動ぞ。キリギリになりて岩の神、雨の神風の神、荒れの神様なり。次に地震の神様となるのざぞ。今度の仕組みは元の生き神でないと分からんぞ。 ;アメー3
 
● 世界中揺すりて目覚ますぞ。三千年の昔に返すぞ。いり豆にも花咲くぞ、上下ひっくり返るぞ。水も漏らさん仕組みぞ。 ;松ー1
 
● 世界を泥の海にせねばならぬから…、泥の海にするのは易いなれど…。 :上つー2
 
● 火と水(み)と申してあろうがな、火続くぞ,火の災いあるぞ。火のお蔭あるぞ。水の災 気つけよ、火と水入り乱れての災いあるぞ、近うなりたぞ。;水ー13
 
● 火と水、ひとみとなるのざぞ。火近づいたぞ、水近づいたぞ。いやが応でも走らなならんぞ。ひっくり返るぞ、世がうなるぞ。 ; 日月ー21 (-50)
 
☆ 神の申すことは一分一厘違わんのであるぞ。今度いうこと聞かねば大変な気の毒となるぞ、地の下になってしまうのであるぞ 。 ;至恩ー15
                              
            
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
                         
  
● いまに日本の国の光りでるぞ。その時になりて改心できておらぬと、臣民は苦しくて日本のお土の上におれん様になるのぞ。 ;地つー35
 
● 世界中一度に揺すぶると申してあろう。…世界の民みな一度に改心するように、どん詰まりに致すのではあるけれど、それまでに一人でも多く、一時も早く改心させたいのぢゃ。…かのととりの日  ;黄金ー18
 
● 陽(日)あたりのことと、日陰のことと一時に出て来るのぢゃ。立て壊しと立直しが一時に来るのぢゃ。神の申したとおりになっておろがな。 :極めー11
 
● 外国にはまだまだ、厳しい事ばたばたと出てくるぞ。日本にもどんどん出て来るぞ。…いよいよあらくなってくるのざぞ。因縁の身魂結構となるのざぞ。 ;岩ー11
 
 わが名(日津久の神)呼びておすがりすれば、万里先にいても云う事聞いてやるぞ。、雨の神、風の神、岩の神、荒れの神、地震の神と申してお願いすれば万里先にいても、この世の地震、荒れ逃れさしてやるぞ。神に届く行で申せよ。 ;風ー5
 
☆ いよいよ判らんことが、さらに判らんことになると申してあろがな。ナギの命の治らすくにもナミのミコトの治らす国も双方からお互いに、逆の力が押し寄せて、混じりに混じるから、いよいよ判らんことになるのであるぞ。 :至恩ー11
 
☆ 判らんと申すのは一面しか見えぬことであるぞ。双方を見る目に早う改心してくれよ。この白黒まだらな時は長くはつづかん。もっとも苦しいのは一年と半年、半年と一年(計三年)であるぞ。死んでからまた蘇られるように死んでくだされよ。 ;地つー12
 
☆ 神の仕組み狂いないなれど、人民に判らねば、それだけこの世の歩み遅れるのぢゃ。この世は人民の手引かねばならんから、苦しみが長くなるから、千人万人なら一人づつ手引いてもやりやすいなれど世界の人民、動物、虫けらまで助ける仕組みであるから、人民早う改心せねば、気の毒いよいよとなるぞ。 :秋ー25
 
● 丸チョン(す)と二(ふ)と四(よ)の大き戦あると知らしてありたが、一旦は二と四の天下になるところまで落ち込むぞ。行くところまで行きてナの身魂とノの身魂の和合一致できてからスの身魂が天下統一、世界一平となるのぢゃぞ。いよいよ大峠 とりあげにかかるのざぞ。 ;光りー7  (-60)
 
● 上中下三段に分けてある違う血筋を段々にあらわすぞよ。びっくり箱開くぞ。…人が人がと思っていたこと自分のことでありたであろが、日本が日本がと思っていたこと、外国でありた事もあるであろが。 ;アメー2
 
● 三年の苦しみ五年もがき、七年でやっと気がつく人民多いぞ。…二つに分かれるぞ、三つに分かれるぞ、分かれて元に治まる仕組み。 かのととり  ;黄金ー13
 
☆ ひと日に十万 人死にだしたら神の世が近づいたのざから、よく世界の事見て、皆に知らしてくれよ。 :上つー25
 
● 世は七度の大変わり、いよいよの段階に入ったら、何がなんだか、我よしの人民には、いよいよ分からなくなり、あせればあせるほど深みに落ち込むぞ。心の窓大きく開いて,我の欲を捨てると遠くが見えてくるのざ。 ;月光ー40
 
● 世はぐるぐると七変わり。改心のため世界の民みな、今度は引き上げ一旦みなあるぞ。 ;黄金ー71
 
☆ 時まてばいり豆にも花咲くのであるぞ。水が逆に流れるのであるぞ。上下でんぐり返るのであるぞ。上の人が青くなり、下の人が赤くなるのであるぞ。
 
      ● 三年と半年、半年と三年ぢゃ(計7年)、この間は暗闇時代、火を灯しても暗いのであるぞ。…日は三日と半日、半日と三日、次に五年と五年、五日と五日ぢゃ。 ;扶桑ー6 (予言 と重複)
 
 
☆ 江戸と申すのは東京ばかりでないぞ。いまの様な都会はみなエド (穢土)
であるぞ。江戸はどうしても火の海ぞ。それより他にやり方ないと神々様申しておられるぞ。 ;富士ー2
 
● ここまで世が迫りてきてもまだ目さめんか。神はどうなっても知らんぞ。早く気づかぬと気の毒できるぞ。その時になりてあわてても 間に合わんぞ。 ;天つー19 (-70)
 
● 足元からトリ立つぞ。十理たちてあわてても何もならんぞ。用意なされよ。上下ぐれんとひっくり返るぞ。上の者下に、落ちぶれた臣民上になるぞ。岩戸 開けるぞ。夜明け近づいたから早う身魂洗濯してくれよ。; うえつー20
 
 
  (参考;竹内文書 より)
  天地分主大神(天神三代)の御世より地球全体にわたり土海と化せること数百度におよぶ。…天日豊本黄人皇主天皇(人祖神始祖,第三代、天之御中主天皇の前の代)の御世に地球全部に大変動起こりて、一面土の海と化し、万国および万物すべて全滅す。ここにおいて天皇、皇族397名を率いて天空浮舟に乗り、秋津根大台原峰より天日球の国に昇らせ、大難より逃れ給う。…
 天変後、再度降臨して、また多くの皇族の方がたが世界中に降臨した。…
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  《 大日月地神示 「か」の巻より; これまで、何度も立替えいたして 人民無き
  きようにしたこともあったなれど、必要であったがゆえ そうしてきたのじゃ 》
 
 
                                                        
 
 
 
 
 
   三合庵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現象(神霊)写真
 日の宮幣立宮 別社、山宮神社にて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
    
 
 
 
 
 
 
     飛騨 位山 天の岩戸にて
 
     
  
 
 
 
 
 
 
 
 
   (金環食)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                  (ひふみ石板)
 
 
 
    二度と無き大機に際会せることを
    気付かぬ臣民ばかりなりける
 
 【 新玉の真珠の波も草も木も
   立ちそめてよみかへりけり 】
 
 【 新玉の玉の御年の明けそめて
   罪もけがれも今はあらじな 】
             春の巻
 
 みすずかる信濃の国の梓川
   鳥たつとなりにけるかも
 
神示読めば光の岸にまいるらし
  み魂の因縁ありがたきかな
 
 肉食(にく)断ちて 20余年と
     なりにけり
  朝晩2食(じき)となりて幾年
 
 今生は徒労にあらず  残生を
   削るがごとく鳴くほととぎす
 
 御用せば光の岸に至るらし
    御魂の因縁おもしろきかな
 
 わがいほは信濃の里の五合庵
    遠慮せずに訪ねてござれ
     (五合庵は良寛様でありんしたなー)
 
 初めての正式参拝伊勢神宮
   ありがたきかな 涙止まらず 
 
 粟二合米三合をこき混ぜて
  五合庵にぞわれは住むなり
          (良寛) 
 
 わが庵はビール一本酒二合
     合庵ぞ訪ねて御座れ
 
 この歳も正式参拝かなひたり
  君もめしませ伊勢えびサラダを 
 
 
 パソコンが苦手な吾がHPなど
     始めやうとは 思はざりき
 
冷えの風の冷たき日御崎 大きなの押  し寄せる見つ (出雲、ひのみさき) 
  
 
 新聞もテレビも見ずにパソコンに
 向かふ漢(もの)あり 狂気なるべし
 
 
生かされて書かされている文ならむ
   み魂の因縁おもしろきかな
 
 
生かされて使はれ書きたる文なれば
      神の仕組の一厘 ならん
 
 
 
 
  
 
 この文も小宝ほどにはなるだらう
    神示が宝となるあかつきに
  
  
 予言などと歯牙にもかけぬ者多し
    素直に取れよ  神の啓示を
    
          
   
  凧糸を切れども尽きたる 大うなぎ
    天竜川を流れ ゆきたり
               
 三千の足場は無理と思ひゐしが 
  意外とさうでもないかもしれぬ
   
 夢の中色も妙(たへ)なる藤の花
 行けども行けども顕(た)ちてまたたつ
  
 因縁のみ魂の君に捧げなむ
     神の仕組の 一厘なるを
 
 
【 新しき御代の始めのタツの年
  スメ大神の生(あ)れ出で給ひぬ】
           (春の巻) 
 
【 新しき御代のはじめの辰の年
  あれ出でましぬ 隠れゐし神 】
          (紫金-9)
 
【 けものさへ神のみ旨に息せるを
    神を罵る民の さわなる 」
          (下つ巻第11帖)
 
【 かくり世もうつし御国の一筋の
   光の国と さきそめにけり 】 
         (紫金の巻 第9帖)
 
【 敬愛のまこと心にまことのり
    まこと行ふ人ぞひとなる 】
 
【 よきことは人に譲りて人をほめ
    人たてるこそ人のひとなる 】
           (春の巻)
 
   大神のふところの中生かされて
 かへりみすれば 感謝のみなり(り) 
 
   
 
 
 
 
 
  ばらの花 浮かべて薄暮の湯に
     入れば をみな
   生(あ)れたるやうに 華やぐ
 
 役割の一つくらいはあるならむ
      数万年の生来 あらば
  
 ゆく夏のホテルのロビーで かの人の 
  妬みのいろの ほむら立つ 見ゆ
    
 化かされて使はれていただけならむ
  つきもの落ちたるやうな気がする
 
 使はれて書きたる文であるならば
   神の仕組みの 一分一厘
 
 この文が神の仕組みの一厘ならば
     種が芽を出す時遠からじ
 
 使はれて蒔きたる種でも種は種
    葉は茂べし 花もさくべし
 
  
 この世では奇妙に思ふ事柄も
    上からみれば必然ならむ
 
 
 この世では遠く離れていようとも
   あなたと私は 兄弟姉妹
  
  私には私の御用 あなたには
    あなたの使命役割 あらむ
 
 
 大神の懐の中生かされて
  ス(神)に直ければ感謝のみなり
            (素直)
 
                       
  因縁のみ魂であらば 明け告げる
     鳥とならむか 御用 結構
 
 明け告げる鳥とならむか
     平さかの
    岩戸開ける 音の聞こゆる
 
  
                 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
  中央アルプス駒ケ岳 宝剣岳  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
      (天の日津久神社、現象)
 
 
 
   わが文のインターネットに
       載りたるは
 酉ではじまり 鳥で終はりぬ
 
 
 
 
 
        皆既月食
       
            
     
 
  
 
 
 
 

 因縁のみ魂の君に伝へかし
   大機に際会する時節(とき)なるを
 
 
【 あら楽し 黒雲ひとつ払いけり
      次の一つも払ふ日 近し 】
 
【めでたさの九月八日の九(こ)の仕組み
   とけて流れて世界一つぢゃ 】
            (黒鉄ー38)
 
【 鬼おろち草木動物 虫けらも
    一つにゑらぐ道ぞまことぞ 】
           (まつりー6)
 
【 岩戸あけたる 今日ぞめでたし
  二(つぎ)の岩戸早うあけてよ 】 
          (海-5)
 
 
  あなさやけ ホームページを
     立ち上げぬ
    芽は生ゆるべし実は稔るべし
 
 
 みすずかる科戸の神よ
       とり(十理) たてよ
   岩戸開けむ 音の聞こゆる
  … 富士に木の花咲くときなるを
 
 
  
 
 
 
        
  
 
 【 迫りておるぞ 】
 
【 きりきり舞 目の前 】
 
 
 
 
 ☆☆  五七七を基調とする短形詩
       (短い歌)  ☆☆
  
 【 みちとしの 富士は晴れたり
          岩戸明けたり】
         (あほばー4)
【 大神の敷きます 島の
     八十島やさか 】 
 
【 天かけり 地かける神も
           御光に伏す 】
 
【 たへにたへし 三千年の
      岩戸ひらけぬ 】
 
【 したたみも いはいもとほり
          神に仕えむ 】
 
【 大みいず あぎとふ魚も
       ひれ伏し集ふ 】
 
【 大みつげ 八百万神も
       勇みたつべし 】
 
【 天地の 光となりて
       みふで湧き出づ 】
 
【 大みこと 身によみがえる
      遠つ祖神(おや)の血 】
 
【 高なるは 吾(あ)か祖(おや)の血          か
         みつげ尊し 】
 
【 みことのり 今ぞ輝き
        岩戸ひらけん 】
 
 [  道ばたの 白き花にも
                     祈る人あり  ]
 
【 宮柱 太しき建てて
       神のまにまに 】
 
【 ただ涙 せきあへず吾(あ)は
             御前に伏す 】
 
【 大まへに 伏すもかしこし
      祈る術(すべ)なし 】
 
【 今はただ 命のかぎり
       お道伝ヘむを 】 
 
【 いのち越へ 大きいのちに
         生きさせ給へ】
 
【 言霊の こと高らかに
      太陽(おおひ)にとけな 】
 
【 天に叫び  吾にむちうち
       今日も生き来し 】
 
【 みづくとも 苔むすとても
      生きて仕へん 】
 
【 曇りなく 今を祝詞す
      幸はへたまへ 】
 
【 ひふみよい むなやここたり
       ももちよろづう 】
     (黄金の巻 第44帖から抜粋)
 
 
 
【 桜咲き 神の御国は
      明けそめにけり 】
            (日の出‐2)
 
【 なかとみ(中臣)の ふとのりとこと
        ふとにのりあぐ 】
 
【 高天原に 千木高しりて
         仕へまつらん 】 
 
【 つみけがれ 今はあらじと
       はらえ給へそ 】
 
【 岩隠(か)れし 比売のみほとは
        焼かへ給ひて 】
 
【 平坂の 岩戸開けむ
       音のきこゆる 】
 
【 ささげてむ 和稲(にきしね)荒稲
        横山のごと 】
      (米と籾を山のように…)
【 赤丹(あかに)の頬(ほ)に 
   きこしめしませ 御酒(みき)
        たてまつる 】
 
【 たてまつる宇都の幣(みて)くら
        きこしめしたべ 】
 
【 たたえ言 ふとのりとこと
        いまぞ高らに 】
 
【 青海原 青垣山の内に
        御子生る 】
 
【 百足らず八十(やそ)隈手いま
         開かん時ぞ 】
        《 扶桑の巻 》 
 
 
【 底つ岩根 千木岩高く
      みづの御舎(みあらか
 
【 よものみかど 五方とひらき
        うづみてくらを 】
 
【 かむなぎの ことおへまつる
        いくたる御国 】
 
【 しほなはの 留まる限り
        みくに弥栄ゆ 】
 
【 海原の 辺にも沖にも
        神つまります 】
 
【 天の壁 くにのそぎ立つ
       極みたのしき 】
 
【 やそ綱を 百綱とかけて
       ささし給はむ 】
 
          《星座の巻》
 
 【 ことやめて 草の片葉も
       陽にのび行かな 】
 
【 須佐鳴の命 しらせる
       海原ぞやよ 】
 
【 天ヶ下 おつるくまなく
       照らす太神 】
 
【 罪と言う 罪はあらじな
        神の子なれば 】
 
【 ひふみ百千万と咲(え)ます
         元つ太神 】
 
【 言霊の 栄ゆる御歌に
        はらいてましお 】
 
【 みそぎして 祝ふ命ぞ
      弥栄ましませ 】
 
【 安国の 瑞穂の国と
      しらし給ひぬ 】
 
【 八重雲の 十重雲千別き
      千別きあもりぬ 】
 
【 ここたくの 罪はあらじな
        大岩戸開く 】
 
【 四方の国 咲(え)み集うらし
      最中の国に 】
 
【 よし悪しき みな払いませ
          科戸の風に 】
 
【 八束(やつか)穂の十束穂とこそ
         実らせ給へ 】
 
【 巫(かむなぎ)の大御心の
       まま弥栄へむ
 
【千木千木し瑞のみあらか
       仕えまつらむ 】
 
【 見はるかす四方の国
     みなえらぎにぎはふ 】
           (竜恩の巻)
 
【 夕陽より 朝日照るまで
      ふとのりとせむ 】
 
【 火(ほ)結びの みほと焼かへて
        岩戸閉ざしき 】
 
【 天地咲(え)む 神のいやしろ
      おみのいやしろ 】
 
 
【 天つ神の よ言のままに
       八十岩明けぬ 】
          (極めの巻)
 
【 大君の みことにみそぎし
      今朝の太陽(ひ)を吸ふ〕
 
【 伊豆ぬさを 都幣さに結び
      岩戸ひらきてし 】
 
【 豊栄に 栄り出でます
       大地(くに)の太神】
 
【 岩戸ひらき みほぎの宝
       たてまつらまし 】
 
【 白玉や 赤玉青玉
       ささげまつりし 】
 
【 ふとのりと のりのり祈れば
        岩戸ひらけん 】
 
【 千引岩 今ぞあけたり
       爽し富士はも 】
           (紫金の巻)
  
 
 
        
 
《 敷島の大和心を人問はば
    朝日ににほふ山桜花  宣長 》
 
☆ 日の本の大和の国を人問はば
      朝日ににほふ 山桜花
 
☆ 八十島の瑞穂の国を人問はば
 ミコト(スメラミコト)を頂く 神の国とぞ
 
   
 
 
 
 
 
 
 
  浅間神社北口本宮
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  同、御末社、神武社
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  日の宮幣立宮 御神前〈現象〉
 
 
 
 
 我ながら嬉しくもあるか神の子の
      道を歩める 君と思へば 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        三合庵  下條 律